キュアレの枕の特許情報って本当?徹底解説します!【THE MAKURA】

キュアレ 特許

累計で30,000個を販売している整体枕「THE MAKURA」

販売元であるCURE:RE(キュアレ)は日々の生活の中で体を整える商品を企画・開発されています。

キュアレの枕「THE MAKURA」は、整体業界では著名な熊谷剛氏が中々頻度高く施術できず、施術後に元に戻ってしまうお客様の身体をのことを考え、毎日使う枕でケアできないかという想いで開発されました。

その「THE MAKURA」は特許情報を取得しており、他社は真似できないものとなっていました。

それで「THE MAKURA」の特許情報を調べてみましたので、その特許情報を解説していきます。

キュアレの枕の特許内容

キュアレ 特許

公式サイト上には以下のように書かれています。

キュアレ 特許

「「寝ている間に整体効果を得られる整体枕」として、日本で唯一の『特許』を取得しています」

と、

「‥「頸椎フリー構造」を実現する三段階の枕の形は「意匠登録」を取得しています。」

と、書かれていますね。

ふむふむ…

「特許」「意匠」の2つを取得しているんだなということが分かります。

  • 特許権
  • 意匠権

特許権と意匠権の違いは、こちらの外部サイト(別タブで開きます)で解説されています。詳しくはそちらも見て頂ければと思います。

簡単に言うと、特許権意匠権では守るものが違っていて、特許権が発明品の設計内容などを保護するのに対して、意匠権は商品の見た目の形や形状・デザインを保護します。

特許権や意匠権を登録することで、他社がいいなと思い真似されてしまうことから防ぐことができます。真似をされた場合は、権利を持っている(この場合、権利者である熊谷剛氏(THE MAKURAを開発した人))が訴訟し裁判所に認められれば、販売指し止めや賠償請求できるようになります。

保護される期間は、一般的に20年間です。

  権利の内容 権利期間
特許権 商品や製品、部品などについて、開発した科学的な技術を保護します 20年間
意匠権 商品や製品、部品などの工業用デザインを保護します 20年間
(出願のタイミングで異なる)

それではどんな内容でそれぞれの権利が登録されているか見てみましょう。

特許権について

キュアレ 特許

特許の情報は特許庁のサイトで公開されており、誰でも見ることができます。

⇒ 特許庁の検索サイトはこちら(別タブで開きます)

調べ方は割愛しますね。

権利者をTHE MAKURAの開発者である「熊谷 剛」とすると出てきました。
確かに登録されていました。

それがこちら!

キュアレ 特許

登録日を見ると、「平成26年7月4日」となっています。

なので6年前くらいに登録されているようです。
権利の保護期間で言うと大体14年程残っていることになります。

画像の下あたりに「請求項」という項目がありますよね。
これが特許権として保護したい内容になります。

ふむふむ。。

【請求項1】
就寝時に用いる枕であって、
所定の高さを有して弾性を備えた頭部を載置する頭部支持部と、
前記頭部支持部より高さが低く弾性を備えた頸椎部を載置する頸椎部支持部と、
前記頸椎部支持部より高さがさらに低く弾性を備えた上部胸椎部を載置する胸椎部支持部と、
を順に備え、
前 記 頭 部 支 持 部 と 前 記 頸 椎 部 支 持 部 と 前 記 胸 椎 部 支 持 部 に て 構 成 さ れ る 枕 全 体 の 幅 方 向 につ い て の 断 面 ( 側 断 面 ) の断面形状が、略三角形状であり、
前 記 頭 部 支 持 部 と 前 記 頸 椎 部 支 持 部 と の 間 に 、 下 方 へ 窪 む 第 一 の 溝 部 を 有 し て な る こ と を特 徴 と する枕。
【請求項2】
前 記 頸 椎 部 支 持 部 と 前 記 胸 椎 部 支 持 部 と の 間 に 、 下 方 へ 窪 む 第 二 の 溝 部 を 有 し て な る こ とを 特 徴 と す る 請 求 項 1 に 記 載 の 枕 。
【請求項3】
前 記 第 一 の 溝 部 及 び 第 二 の 溝 部 は 、 幅 方 向 全 域 に 設 け ら れ て い る こ と を 特 徴 と す る 請 求 項1 又 は 2 に 記 載 の 枕 。
【請求項4】
前 記 頭 部 支 持 部 と 前 記 頸 椎 部 支 持 部 の 上 面 は 、 そ れ ぞ れ 上 方 へ 向 か っ て 隆 起 す る 滑 ら か な湾 曲 状 で あ る こ と を 特 徴 と す る 請 求 項 1 乃 至 3 の 何 れ か 1 項 に 記 載 の 枕 。
【請求項5】
前 記 胸 椎 部 支 持 部 は 、 前 記 頸 椎 部 支 持 部 と は 独 立 し て い る こ と を 特 徴 と す る 請 求 項 1 乃 至4 の 何 れ か 1 項 に 記 載 の 枕 。
【請求項6】
前 記 胸 椎 部 支 持 部 は 、 前 記 頸 椎 部 支 持 部 よ り 柔 軟 な 硬 さ で あ る こ と を 特 徴 と す る 請 求 項 5に 記 載 の 枕 。
【請求項7】
前 記 頭 部 支 持 部 及 び 前 記 頸 椎 部 支 持 部 は 、 ウ レ タ ン チ ッ プ ス ポ ン ジ か ら な り 、 前 記 胸 椎 部支 持 部 は 、 ポ リ エ ス テ ル 綿 か ら な る こ と を 特 徴 と す る 請 求 項 6 に 記 載 の 枕 。

特許公報(B1) 特許番号:特許第5569637号(P5569637)

毎回思うんですが、特許の書き方って特殊で読みにくいですよね。。

私も専門家ではないので詳しくは分かりませんが、3段構造となる設計内容とその硬さ・形状の特徴が記載されていますね。

特許はこの後も数ページ続き、この設計内容が身体の負担解消にどのように繋がるかやその寸法・効果の程度などが、非常に細かに記載されています。

図解もされていました。
※ クリックすると拡大します。

キュアレ 特許
キュアレ 特許

説明が非常に長くなってしまうので詳細は割愛しますが、非常に詳細な枕の設計情報が特許として登録されており、その設計内容が保護されていることが分かりました。

意匠権について

意匠権について上記と同じく特許庁のサイトで調べることができます。

先程と同じく権利者に「熊谷 剛」で調べると出てきます。

こちらです!

キュアレ 特許

意匠権は、特許権の登録内容と異なり、商品の形状やデザインを保護するものなので登録内容もさっぱりしています。

登録日を見ると「平成26年5月30日」となっており、上記の特許登録日「平成26年7月4日」と同時期に登録されていることが分かります。

登録されていた、意匠権となる形状・デザインは以下です(以下で全て)。
※ クリックすると拡大します。

キュアレ 特許
キュアレ 特許
キュアレ 特許
キュアレ 特許

こちらも「THE MAKURA」の特徴である三段構造の形状が意匠権となっていることが分かりました。

ですので、他社はこの3段構造となっている形状の枕を出せないことになります。

真似されないようにしっかりと対策されていますね。

キュアレの枕の特許内容 まとめ

キュアレの枕「THE MAKURA」の特許内容を見てきました。

確かに登録されていることが分かりました。

登録日を考えるとあと16年くらいは権利が守られていました。

また、特許内容は特許庁の専門家による審査に合格しないと登録できないので、そうした審査にも通過するしっかりとした内容だと思います。

「THE MAKURA」の詳細は公式サイトを確認してみて下さい。

おすすめポイントがまとめられていました。

皆さんの参考になれば幸いです^^♪

特許